お知らせ

RADIO【わたしのコトノハ】スタート。第一回目は「カフェ昔日の客」関口直人さん

ポッドキャスト番組「コトノハRADIO」では、「わたしのコトノハ」というテーマでゲストをお迎えし、これまでの人生で心に深く残った言葉を紹介していただきます。

記念すべき最初のゲストは、大森にある「カフェ昔日の客」の店主・関口直人さんが登場します。

関口さんの父・関口良雄さんは、現在のカフェのある場所で古書店「山王書房」(1953年4月〜1978年3月末)を25年間営んでいました。

当時、お店には、尾崎士郎、尾崎一雄、村岡花子、野呂邦暢、三島由紀夫、沢木耕太郎ら文士たちが出入りしていました。
文士や市井の人々との交流を綴った、関口良雄著の随筆集『昔日の客』(1978年、三茶書房刊)は、
やがて入手困難な「幻の名著」と古本愛好家に呼ばれるようになります。
2010年、夏葉社より32年ぶりに復刊され、話題を呼びました。

古書店主として文学を愛した父の良雄さんから言われた、いまも心に残る言葉とは……。

今回から2回にわたり、関口直人さんの【わたしのコトノハ】をお届けします。
(AppleのPodCastアプリでご試聴ください)
無料公開期間が過ぎました。

現在、コトノハストアにてお求めできます。

*スコットランド民謡「アニー・ローリー」に関口直人さんが新たな作詞をした
   『父の言葉』は、西海孝さんのCDに収録されています。また2011年には、
   「古書ほうろう」での二人のライブで関口直人さんが歌いました。
   こちらもあわせてご覧下さい。
映像1映像2(YouTubeへのリンク)

PAGE TOP