お知らせ

発見の会『大正てんやわんや』公演にて自主制作チラシを配布

 

6月9日から12日まで上野ストアハウスで開催されたアングラ劇団「発見の会」による9年ぶりの公演『大正てんやわんや』にて、歴史あるその劇団と関連する人たちを見てきた伊郷俊行さんのインタビューチラシを配布していただきました。

私たちにとっては近所のたこ焼屋さんの店主である身近な存在の伊郷さんですが、これまでの日本の劇団・表現の世界を見てきた生き字引でもあります。

今年の2月から数ヶ月に渡り取材をしてきたインタビューの一部をチラシに掲載しました。現在チラシはほぼなくなっておりますが、手元にまだ少部数ありそれは追ってなんらかの形でお配りできればと思っています。

また本チラシの内容はコトノハのnote(リンク)に有料記事として掲載しております。

1960ー70年代の混沌とした時代に活動してきた劇団の様子を知りたい方は、ぜひご一読ください。

 

(リンク1)祝・発見の会『大正 てんやわんや』公演 伊郷俊行さんが語る「発見の会」とその周辺の出来事(1) 〜1960-70年代の話を中心に〜

(リンク2)伊郷俊行さんが語る「発見の会」とその周辺の出来事(2) 〜1960-70年代の話を中心に〜

PAGE TOP