お知らせ

絶滅危惧種記者と元・新聞記者書店主によるスリリング?なトーク 〜『絶滅危惧種記者 群馬を書く』出版記念イベント〜

『絶滅危惧種記者 群馬を書く』(コトノハ)の出版を記念し開催する朝日新聞編集委員・小泉信一さんと、Readin’ Writin’ BOOK STOREの落合博さんによる「絶滅危惧種記者&元・新聞記者」トークです。

大手新聞社で働くことについて、社員記者のジャーナリズム・新聞の文体について、これからの新聞が生き残るためにはどうすればいいのか…etcどんなトークが飛び出すか楽しみな、「群馬」と「新聞」に接点のある2人がお贈りするトークイベントです。

『絶滅危惧種記者 群馬を書く』(コトノハ刊)
 朝日新聞で大衆文化・芸能を担当している小泉信一編集委員が、定年間際に初任地であった群馬へまさかの異動となる。偶然か?それとも必然か?
 〈時代の多数派になるな〉〈人間を見る眼、洞察力を育てろ〉〈専門家になるな。素人の議論に徹底しろ〉といった新人記者になったころに聞かされた先輩からの金言を胸に、明るい近代化コースから排除された人々が放つ一瞬の光芒に惹かれ、社内の派閥から一線を画して、「街ダネ」にこだわり続ける著者。
 魅力あふれる群馬のテーマごとに厳選。さらに、「絶滅危惧種」と噂される記者の雑観コラムや駆け出し時代の記事も採録。 「ハーナビ(鼻ナビ)」をたよりに歩き、聞き、書き留めた街角の光景や人情の機微──。ガイドブックには載らない、魂の「群馬本」!

 概 要

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

日 時:2023年1月14日(土)開場18:30/開演19:00
    当日、開演直前にzoomのURLをメールまたはPeatix DMにてお送りいたします。
    1週間のアーカイブ配信あり。開催日の翌日以降、準備でき次第メールにてアーカイブ視聴URLをお送りします。

会 場:Readin’ Writin’ BOOK STORE(東京メトロ銀座線「田原町」徒歩2分)

参加費:1500円(会場、オンラインとも)

※会場で開催し、オンラインでの同時配信を予定しています。ただし、状況により登壇者の移動に困難が生じた場合などは、延期、オンラインのみでの開催となる可能性もございます。あらかじめご了承ください。

__________________________________

 登壇者プロフィール

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
小泉信一(こいずみ・しんいち)
1961 年、神奈川県川崎市生まれ。’88 年、朝日新聞入社。東京社会部の大衆文化担当記者を経て編集委員。2021 年4 月から前橋総局員を兼務。『東京下町』『寅さんの伝言』『裏昭和史探検』など著書多数。コラムを執筆した『寅さんDVDマガジン』(講談社)は累計250 万部となった。

落合博(おちあい・ひろし)
1958年、山梨県甲府市生まれ。Readin’ Writin’ BOOKSTORE店主兼従業員。読売新聞大阪本社、毎日新聞社(論説委員)を経て本屋に。著者に『新聞記者、本屋になる』(光文社新書)など。

>リンク(イベント予約サイト)

PAGE TOP