コトノハの雑誌・本|Publication

街の手帖リーディング(街の手帖 池上線 特別号)

新刊
街の手帖リーディング(街の手帖 池上線 特別号)

A5横版・オールカラー52ページ


定価:455円+税・2020年6月10日より順次発売予定

特集「私は」、
コロナ禍の中でも、それぞれの道を究める人物たちによる、のどかで力強いエッセイ。
都内を走る3両編成の電車・池上線のローカル文化誌「街の手帖」の新たなエディションとして制作した、読み物と写真によるフォトブック仕様の特別号です。


楽屋日誌 〜池上線沿線飲み乗り継ぎ〜
三遊亭司

「私は」
コロナ禍の中で

針谷周作

大田区と能 三島由紀夫と観世寿夫
増田正造

伝統野菜のタネを広める
小林宙

コロナ禍での落語会
新免玲子

始発にて
大宮康子

丹波山村⇄大田区 
小さな村で働き方を考える。

小村幸司

【人気連載】街の倫理
新型コロナウイルス渦中に花粉症の私はどうすればいいのか
オギリマサホ

鉄の鶴 宵の星
小林大輝

写真:街の手帖編集部
上記内容は、変更する可能性もございます。
書店にてお求めください。
遠方の方には、ネット通販もあります。

※命の危険がある現場で、新型コロナウイルス感染を止めようと奮闘されている医療従事者に編集部一同感謝いたします。

PAGE TOP